中村典司税理士事務所 > 相続 > 相続の生前対策方法とは

相続の生前対策方法とは

生前対策とは、生前のうちに相続税の負担軽減や相続トラブルの回避をしておくことをいいます。生前対策をしておくことで、相続税の額を減らすこともできます。たとえば、生前贈与です。生前において子や孫に財産を承継させて、相続財産を減らしておけば、相続税は軽減されます。

 

しかし、贈与には贈与税がかかります。そして一般的に贈与税の方が相続税より税率が高いです。そのため、贈与税のかからない範囲で行う必要があります。贈与税の基礎控除額は110万円です。そのため、年間110万円以下の贈与であれば、税金はかかりません。

他にも、仏壇や仏具、墓地、墓石等を生前に購入しておくことも、相続税対策となります。生前に購入した仏壇等は、相続の際に非課税となりますが、相続発生後に購入した場合、控除はされず、相続人の負担となってしまいます。

 

このように、相続税を軽減するために生前できることは多々あります。しかし、相続税のほかに贈与税についても詳しくなければ難しいなど、知識が無いと適切な生前対策は困難です。そこで、生前対策をする場合、税理士にご相談ください。ご依頼者様と相談しながら、対策を行っていきます。

 

相続税の問題についてお困りの際には、中村典司税理士事務所にご相談ください。当事務所は、愛知県豊橋市、豊川市、田原市、湖西市、蒲郡市、新城市を中心に業務を行っており、相続税問題のほかにも、企業税務、巡回監査、その他税務相談について相談を承っております。

お困りの際には、中村典司税理士事務所にご連絡ください。お待ちしております。

03

よく検索されるキーワード

Search Keyword

04

税理士紹介

Tax accountant

税理士中村 典司(なかむら のりじ)

当事務所は、TKC戦略情報システムを利用し、会計・税務業務サービスの提供、経営分析、中長期計画策定、ITを利用した自計化、業務合理化提案他、各種サービスを提供しています。

また、毎月巡回監査により、貴社の黒字化を徹底サポートいたします。

そして、(株)TKCをはじめとして、三菱東京UFJ銀行、蒲郡信用金庫、その他さまざまな企業と提携することにより、できる業務の幅を広げております。是非ご相談ください。

最後に、企業の寿命が以前に比しより短くなっている中、自社の存続、発展をし続けることが企業経営の本質であります。

ともに発展し続けましょう。

  • 所属団体

    東海税理士会 豊橋支部会員

    TKC全国会 会員

    租税法務学会 会員

    豊橋商工会議所 青年部会長

    リトアニア友の会豊橋 副会長

    ITコーディネーター協会

    全国IT推進研究会

    マイクロソフト全国会

  • 経歴

    1982年 愛知県立豊橋南高校卒業

    1987年 愛知大学法経学部法律学科卒業

    1992年 税理士登録

    1992年 TKC全国会入会

    1993年 中村典司税理士事務所開業

    2002年 ITコーディネーター登録

05

事務所概要

Office Overview

事務所名 中村典司税理士事務所
代表者 中村 典司(なかむら のりじ)
所在地 〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2-50-1
TEL/FAX TEL:0532-64-5590 / FAX:0532-64-4689
営業時間 平日 8:50~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日 (事前予約で休日対応可能です)
事務所外観