中村典司税理士事務所 > 相続 > 相続税の計算方法

相続税の計算方法

相続税を計算するには、まず相続財産の総額を算定しなければなりません。相続財産には預貯金や不動産などのプラスの財産のほかに、債務などのマイナスの財産も含まれます。そのため、プラスの財産からマイナスの財産を差し引いた額が課税の対象となります。

そして、課税対象額から基礎控除額を引いた額に課税がされます。仮に、課税対象額が基礎控除額よりも低い場合には、相続税は発生しません。

 

基礎控除額の計算式は次の通りです。
基礎控除額=3000万円+600万円×法定相続人の数

計算をするには、相続人の数を確定しなければならないため、財産調査のほかに相続人調査を行うことも重要です。

 

また、基礎控除のほかに、配偶者控除や未成年者控除など、税制上の優遇措置もあります。これらの制度を利用することで、控除する額を増やすことができます。もっとも、これらの制度を利用するには、申告者側が制度について理解している必要があります。制度を知らなければ、必要以上に多く税金を支払ってしまうかもしれません。

そこで、相続税を申告する際には、税理士に相談することをおすすめします。

税理士は、複雑な計算を代行するほかに、ご依頼者様の状況に応じて、利用できる制度についてアドバイスさせていただきます。

 

相続税の問題についてお困りの際には、中村典司税理士事務所にご相談ください。当事務所は、愛知県豊橋市、豊川市、田原市、湖西市、蒲郡市、新城市を中心に業務を行っており、相続税問題のほかにも、企業税務、巡回監査、その他税務相談について相談を承っております。

お困りの際には、中村典司税理士事務所にご連絡ください。お待ちしております。

03

よく検索されるキーワード

Search Keyword

04

税理士紹介

Tax accountant

税理士中村 典司(なかむら のりじ)

当事務所は、TKC戦略情報システムを利用し、会計・税務業務サービスの提供、経営分析、中長期計画策定、ITを利用した自計化、業務合理化提案他、各種サービスを提供しています。

また、毎月巡回監査により、貴社の黒字化を徹底サポートいたします。

そして、(株)TKCをはじめとして、三菱東京UFJ銀行、蒲郡信用金庫、その他さまざまな企業と提携することにより、できる業務の幅を広げております。是非ご相談ください。

最後に、企業の寿命が以前に比しより短くなっている中、自社の存続、発展をし続けることが企業経営の本質であります。

ともに発展し続けましょう。

  • 所属団体

    東海税理士会 豊橋支部会員

    TKC全国会 会員

    租税法務学会 会員

    豊橋商工会議所 議員

    リトアニア友の会豊橋 会長

    ITコーディネーター協会

  • 経歴

    1982年 愛知県立豊橋南高校卒業

    1987年 愛知大学法経学部法律学科卒業

    1992年 税理士登録

    1992年 TKC全国会入会

    1993年 中村典司税理士事務所開業

    2002年 ITコーディネーター登録

05

事務所概要

Office Overview

事務所名 中村典司税理士事務所
代表者 中村 典司(なかむら のりじ)
所在地 〒440-0821 愛知県豊橋市春日町2-50-1
TEL/FAX TEL:0532-64-5590 / FAX:0532-64-4689
営業時間 平日 8:50~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日 (事前予約で休日対応可能です)
事務所外観